ホーム  > 

ひとりひとりのお客様に、オンリーワンのサービスを。

移転コンサルティングサービス オフィスの内装工事 セキュリティ

ハードとソフト、ふたつのオフィスセキュリティをご紹介いたします。

オフィスでは個人情報や企業情報など重要な情報が毎日扱われています。 万が一、この重要な情報が漏洩・流出した場合、企業自身の信用を失うだけでなく、 社会的な責任を問われる場合もあります。

重要な情報を保護し、安全に利用できる環境を確保・維持することはオフィスを つくるうえでの必須条件となりつつあります。

eオフィス家具は、ハードセキュリティ(特定場所への入退出の管理・監視)と ソフトセキュリティ(ネットワーク・パソコン・サーバーへのアクセス、データの 媒体への書き込みなどの管理・監視)のふたつの側面からお客様のセキュリティ 環境実現のお手伝いをいたします。

 ハードセキュリティについて

ハードセキュリティ対策では、オフィスへの不正侵入等を防ぐために、
オフィスのゾーニングによるセキュリティレベル設定により、
オフィス内の特定場所へのアクセスを制限します。

 セキュリティレベルの考え方
レベル1   アクセス権:社外者(セールスマン、来客者)等
考え方:セキュリティチェックの対象とならないエリアへのアクセスが可能
レベル2   アクセス権:一般社員等
考え方:入室の際、IDカード認証等が必要なエリア(一般事務室、会議室等)へのアクセスが可能
レベル3   アクセス権:役員・システム管理者等
考え方:限定者のみ入室可能エリア(サーバールーム、役員室等)へのアクセスが可能