ホーム  > 

品質へのこだわり in PLUSLAND

「カイカタ。」にも、多数アイテムが掲載されているプラスの家具。
その確かな品質は、さまざまな角度から徹底的な管理をおこなうことで実現しています。
このページでは、LAデスクとチェダーチェアを例として取り上げ、その一部をご紹介致します。

プラスとは?

群馬県前橋市にあるプラスの工場。463,595uの広大な敷地の中には、スチールや木製品の製造工場・物流センター・宿泊研修施設などがあります。
(平成15年度 経済産業省 緑化優良工場等経済産業大臣表彰工場)

品質への配慮 より良い商品をつくるための4つの取り組み

美 完璧 強 信頼
溶接痕がつきにくいように、特殊な銅を当て板として使用しています。 製造過程で出た不良品は、工場の要所に置かれている赤い保存箱にすぐ入れるルールになっています。 破壊検査ゾーンです。完成した商品をハンマーなどで破壊して溶接強度などの確認をします。 各ラインにはリーダーの写真と品質向上のためにおこなっていることが書かれたプレートが掲示されています。
  01.LAデスクができるまで   02.チェダーチェアの品質確認テスト
01,LAデスクができるまで

一見シンプルに見えるLAデスクですが、
完成までには、多くの製造工程と厳密な品質チェックをおこなっています。
ここではLAデスクの天板の製造工程をご紹介いたします。
読み終わった後に、LAデスクのページを見ると、ちょっと印象が変わるかもしれません。

A.


 
●1.5t〜2.0tのロール鋼板を原材料として仕入れています。   ●必要なサイズにカットしていきます。
   
●プレス機で穴あけや曲げ加工をおこないます。    
B
.

   
●側板や補強材を溶接します。   ●各工程で決められた項目の
品質管理をおこないます。
C
.

     
●加工されたものは静電塗装します。  
D.


 
●化粧板を張る前に、下地を整えます。   ●熱を与えながら接着させます。
 
●端の寸法を整えるためのカットをおこないます。   ●必要な樹脂をパーツを組み込んでデスク天板の完成です。
E
.





  この商品の購入はこちらから
 

ページ上部へ

2.チェダーチェアの品質確認テスト

一見シンプルに見えるLAデスクですが、
完成までには、多くの製造工程と厳密な品質チェックをおこなっています。
ここではLAデスクの天板の製造工程をご紹介いたします。
読み終わった後に、LAデスクのページを見ると、ちょっと印象が変わるかもしれません。

品質試験は、耐久性・耐衛撃性などの観点から30種類以上もの試験があります。 試験によっては約170時間かかるものもあります。

  • ●全方位安定性試験
  • ●肘部の耐久性・耐衛撃性試験
  • ●座面の耐久性・耐衛撃性試験
  • ●背もたれの耐久性・耐衛撃性試験
  • ●脚部の強度試験
  • ●落下試験
  • ●キャスター試験
  • ●ガスシリンダー耐久性試験
  • ●座クッション硬度確認試験

 ■背もたれ 耐久性試験
チェア形状別に定められた荷重点に一定の負荷をかけるという作業を繰り返します。
この場合、330Nの水平荷重を1秒間保持で20万回繰り返し、異常がないかを確認します。
安価なチェアでは、この試験に10回も耐えられないものもあります。
 ■座面 耐久性試験
座面におしりの形をした当て板を置いて、その上から950Nの垂直荷重を1秒間保持で 5万回繰り返します。
1万回ごとに異常がないかを確認します。
※1N(ニュートン)は、1キログラムの質量を持つ物体に1メートル毎秒毎秒の 加速度を生じさせる力

ページ上部へ